.................................................
<< 12年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
10/16 みー
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

12年01月の雑記


うみねこのなく頃に 魔女と推理の論舞曲 2012年1月2日(月)8時03分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

うみねこのなく頃に 魔女と推理の論舞曲(PS3)クリアした。
エピソード1〜4まで収録されており、総プレイ時間は40時間程度。
嵐で閉ざされた孤島の洋館で起こる大量殺人事件の謎に挑むADVだ。

とは言え、普通にミステリーではない。
寧ろミステリーの名をちらつかせたとんでも展開、
何でもありのファンタジー且つ屁理屈合戦の応酬とです。

だが、そこがイイっ(゚∀゚)

絶対有り得ないような展開、犯人は魔女としか言いようがない。
それを人間が犯人であることを強く望む主人公が切り返す。

逆転裁判を彷彿させるような、推理合戦は楽しすぎます。
そして何より、こんな展開のミステリー? は初めてです。
この有り得無さが最高ですね。斬新過ぎる内容です。

各エピソードにある見せ場、追い詰められたと思ったところからの逆転劇。
この演出に持っていくまでの過程が上手いです。盛り上がりまくり。

そして、その演出を彩る声優陣の演技が素晴らしすぎてヤバイ。
特に、戦人、ベアトリーチェ、真里亞はヤバイ。半端無く演出を盛り上げる。

戦人の

反論拒否!! それを説明する必要はねぇ!!。

にも関わらず俺の主張は揺るがない!!


の台詞は格好良すぎてインパクトありすぎ。

真里亞の「そしてその約束をどうせ破るんだよッ!!」はキまくり。
キャラクターの感情爆発が多いゲームなので声の演出が最高な作品です。

そして音楽。
もう、大量にありすぎ選り取り見取りって感じです。
日常系はパッとしないのですが、法廷バトルシーンで、
逆転に転じる際の音楽とか場を盛り上げます。

普通のミステリを飛び越えたぶっ飛びとんでも展開で、
緻密なトリックや謎を解明するのは寧ろどうでもよく、
とにかくシナリオ展開内容が楽しめればいい!
という人には圧倒的お勧め作品です。



万能鑑定士Qの推理劇I 2012年1月3日(火)9時27分
分類:小説 [この記事のURL]

万能鑑定士Qの推理劇I(松岡 圭祐)読了。
無能だった少女が5年で驚異の頭脳派に成長し難題を解決する物語。
知恵が付く人の死なないミステリーという謳い文句の通り、
雑学的なネタが散りばめられています。

ヒロインの莉子はあらゆる物の真贋を見極める鑑定士。
出版社で発生した盗難事件から、宝石の目利き選手権への招待。
それら全てが最後には折り重なって伏線を回収。

なかなか面白そうな内容ではありますが、中身は何か軽いなって印象。
ちょっとした見せ場はありましたが、盛り上がりに欠ける。
読みやすさはあるけど、何となく物語に没頭できない。

新シリーズということで、実は旧シリーズがあり、
そこで登場した人物に関しても、補足説明は殆どない。
なので見物席でシナリオを読んでるって印象は拭い去れなかった。

とりわけ雑ネタを拾い集めるのにはいいかもしれないです。
物語として読む分にはちょっと物足りないかなって感じでした。



黄金夢想曲†CROSS 2012年1月5日(木)20時13分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

黄金夢想曲†CROSSのネット対戦をしてみた。
同人ゲーム「うみねこのなく頃に」の2D対戦格闘ゲームです。
2 vs 2 のタッグバトルで所謂コンボゲーです。

動画見れば、まぁコンボゲーっぽいなってのが解るかと思います。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16610504
【対戦カード】ロノウェ・譲治 vs エヴァ・朱志香
【対戦した日】2012/01/03
【対戦の舞台】IRCの黄金夢想曲チャンネル

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16610300
【対戦カード】譲治・ルシファー vs 紗音・ルシファー
【対戦した日】2012/01/03
【対戦の舞台】IRCの黄金夢想曲チャンネル

マジカルバトルアリーナばっかりやってたので、2D格ゲーの感覚戻すの大変だ。
前作からプレイ済みのメンバーとのレベル差が酷くて全然勝てませんな。

まぁ週末、ちまちまプレイしてるんで宜しく。



PSP インターネット経由でのリモートプレイ 2012年1月9日(月)11時36分
分類:ゲーム [この記事のURL]

ご存知の通り、PSP(やVita)にはPS3へリモートログインできます。
つまりPSPからPS3の操作ができる訳ですが、
インターネット経由はやったことがありませんでした。

昨日、機会があったので試してきました。
まず、インターネット経由でもPS3の電源自動ONが出来ると書いてあったのですが、見事に失敗しました。
※ローカル環境では自動電源ONでのリモートプレイも出来た。

インターネット経由で電源ONするには、自動サインイン且つ、
ネット経由での電源ONを許可するチェックを入れる必要があり、それをやっても駄目でした。

そこでPS3側で最初からリモート待ち受け状態にしておいた。
するこ今度はログインできました。これは少々感動した。

一部のゲームですがリモートでプレイ可能です。
「うみねこのなく頃に」は対応してます。

ただし画面が収まりきれてませんでした。ハジッコが欠けてます。
メッセージのウィンドウ枠は全て収まってるので、まぁ出来なくもない。
そして問題ないのは通信品質を標準にしたらカクカクでまともに動きませんでした。

友人宅のネット回線がADSL8Mで実質有線で1.5MBbps程度しか出てない。
無線だと更に下がる筈なので、そこがボトルネックの可能性が高い。
ウチはau 1G なので、無線でもそこそこ上がり速かったです。

因みにPSPの最高品質は、1024kbpsまででした。標準は512kbps。
Vitaでリモートでプレイしたら解像度がどうなるのか。
また通信品質は、更に上位があるのか。

3G契約結んだ場合、恐らく1024kbpsの品質をギリギリ確保できると思うので、
どこからでもPS3が出来そうですね。
Torneで録画した番組を見るとかいう使い方が一番多そう。

もっとも、Vita用のプランって時間制だったな。
WiMAX契約してやる方が無難かもしれない。
それなら他のモバイル機器と併用できる。

まぁ私はそんなことにお金は費やしませんけど。



福の神食堂(ラーメン) 2012年1月10日(火)21時18分
分類:食べもの [この記事のURL]

福の神食堂(ラーメン)へ行ってきました。
行ったのは01/04の夜です。
残念なことにラーメンは売り切れでつけ麺のみの提供ということに。

まぁ折角なので、つけ麺を注文しました。
中盛り(300gだったか?)まで値段変わらず。ですが普通盛りにしました。


麺にごまっぽい黒いものが練り込まれています。味はしませんが。
つゆは濃厚魚介豚骨という、最近パターン化が激しい味付けです。
味は無難で、まぁ特徴のない普通の濃厚魚介豚骨かなと。
悪くはないです。具はちょっと寂しいかなー。

割スープは、かなり出しが効いててなかなか良かったです。
去年オープンしたばかりの店なので、まだ店内は新しいです。

味は☆3つかな?



Linux におけるバッククォートPIDについて 2012年1月13日(金)23時10分
分類:マメ知識 [この記事のURL]

Linux上で、シェルを作成する際、自分自身が起動しているかどうか。
つまり二重起動チェックの実装について面白いことが判明した。

test.sh というシェルを作ります。
このシェルが既に起動されていれば、何もせず終了させる。
といったことをやりたい。

test.sh の中身
-------------------------------
#!/bin/sh
ps -ef | grep $0 | grep -v grep
-------------------------------

これを実行すると、普通に考えると
-----------------------------------------------------------------
root 7838 7599 0 22:52 pts/0 00:00:00 /bin/sh ./test.sh
-----------------------------------------------------------------

のように1行のみ出力される筈である。実際大体は1行で出力される。
これは自分自身が実行されているのだから当たり前だ。
なので、出力された行数を取得し、1以外だったら終了とすればいい。

なんだ、簡単じゃねぇーか。と思いきやそこに罠が潜んでます。
何度かやると気付きますが、たまーに以下のように出力されます。
-----------------------------------------------------------------
root 7834 7599 0 22:52 pts/0 00:00:00 /bin/sh ./test.sh
root 7837 7834 0 22:52 pts/0 00:00:00 /bin/sh ./test.sh
-----------------------------------------------------------------

2行出力っ?! なんで?!
答えはLinuxにはサブシェルとかいう概念があるから。
起動されたtest.shのPIDは7834で、このシェルから呼び出されたコマンドは
サブシェルとして起動します。
なので下のプロセスの親PIDは7834となってます。

ここで、思いついたのは、大元のシェルのPIDを全て除外すれば、
必ず 0 になるんじゃないか? ということです。
以下のように修正しました。
--------------------------------------
ps -ef | grep "sh $0" | grep -v " $$ "
--------------------------------------

こうすることで、大元のシェルを親PIDとして持つ子プロセスは全て除外され
結果的に 0 になるという訳です。実際 0 になりました。

これで漸く解決。 と思いきや、とんでもない超展開が待っていました。
カウントを取る為、シェル内では以下のように組み込む筈です。

CNT=`ps -ef | grep "sh $0" | grep -v " $$ " | wc -l`
CNTが0以外であれば、既に同じシェルが起動中、つまり二重起動と判断できる。
ところが、何故か0〜2の何れかの値でカウントされます。
な、なんでだ!?

すると驚くべきことが判明しました。
バッククォートでコマンドを実行すると、起動シェルの子プロセスとしてではなく完全に別プロセスとして起動されるようです。

つまり、起動シェルのPIDを、親PIDとして持たないPIDが起動される!
今回実装した起動数チェックは、あくまで起動シェルのPIDを持つプロセスを全て除外するというロジックなので、起動シェルのPIDを一切持たない同じ名前のプロセスはカウントされてしまう!

これじゃ二重起動のチェックできねぇよ!
ということで、ロックファイル形式に変えるのでした(´д`)



鳥人計画 2012年1月14日(土)12時54分
分類:小説 [この記事のURL]

鳥人計画(東野圭吾)読了。
スキーのジャンプ競技をテーマにしたミステリー小説でございます。
日本期待のホープが何者かに殺された。犯人は誰だ?

という展開ですが、犯人より動機、そしてクライマックスでの新たな展開。
お得意の二転三転の展開が楽しめます。主に最後の方で。

物語を読み進めていくウチに、ある恐るべき計画が浮かび上がってきます。
筋は通ってるし、解りやすい内容ではありますが、
引き込まれる要素は薄かった。
だらだら読まされてるという印象はありましたね。

普通の推理小説と違うのは、犯人が犯人を推理する情景描写が組み込まれていること。
またジャンプ競技に特化した技術的なネタも多少盛り込まれています。

全体を通した感想としては可もなく不可もなくといったところでしょうか。



PHP 取りまとめ中 2012年1月21日(土)22時00分
分類:資格試験 [この記事のURL]

来週の土曜日にPHP技術者認定初級試験を受けてきます。
12月上旬から圧倒的に勉強しており、メモ帳でまとめていたものを
Webページにフィードバックさせました。

いつものwikiですね。はい。
http://vre.sakura.ne.jp/cgi-bin/pukiwiki/index.php?PHP

前まで自由に書き込みできるようにしてたんですが、
1週間程前、自動プログラム系の書き込みで仮想のページが更新されてしまいました。
バックアップからリカバリしても直ぐに同じ内容に書き換えられたので
これはプログラムで何かやられてる? と判断し全部凍結させました。

とりあえずPHPに関して覚えると色々面白いです。
データーベースとの連携も簡単に実装できるので、Tomcatと連携した本格的なWebアプリケーションでなくても手軽に作れそうです。

さくらレンタルサーバーのスタンダードプランは、
MySQLのDBが20個(だったかな?)まで作成できますので、
PHPでDB連携したサイトも作れます。 夢が広がりますねー



PS VITA購入 2012年1月22日(日)17時49分
分類:ハード [この記事のURL]

32GBのメモリーカードが普通に買えるようになったので、VITA本体を購入。
一緒に「この」保護フィルム買ったんですが、
発送しましたの連絡がメールできた時、一時在庫切れになった旨の文言が。

おーい、ふざけんなー、購入する時在庫あっただろー‥‥
VITAとメモカは土曜日に注文して、日曜日に届きました。
早い、注文した翌日に届くとは、でも肝心の保護フィルムがねぇ。

保護フィルムって本体取り出した直後、ほこりが殆どついてない時に
張らないと意味ないよねーということで、VITAが届いている状態ですが

お預け状態で御座います(´д`)

保護フィルム届いて準備整ったら、
動画再生とPS3リモート接続の検証してみたいと思います。



PHP5技術者認定初級試験 2012年1月28日(土)12時57分
分類:資格試験 [この記事のURL]

PHP5技術者認定初級試験受けて来ました。
水曜日から超絶体調不良で今も頭がクラクラしてますが、
既に予約変更できないため、行かざるを得なかったという真実。

結果的に正解率80%で合格した訳だが、感想などを述べていこう。
試験は40問中、28問以上で合格。時間は60分です。

まず勉強はPHP公式資格教科書を熟読しながら実際にコーディングして動きの検証を行ってました。
あとは公式マニュアルの言語リファレンスを熟読。
基本的な構文〜演算子と、関数をみっちり覚えました。
問題集はないので、ITトレメを全て把握できるようにしてました。
ここと同じ問題は1問も出なかったですが、
PHPの仕様を確認する上では役に立ったかもしれない。

教科書とマニュアルから覚えておいた方が役立ちそうなものを
ナレッジ管理として取りまとめてます。

さて実際の試験は、即答できる問題と、勉強しても解らん問題と、
勉強してればまぁ解けるだろう問題というパターンでした。

即答問題は本気でバカにしてるのか? ってくらい簡単な問題が出ます。
関数の動きさえ知ってれば正解に辿り着くサービス問題。
これだけで10問程度稼げます。

あとは教科書の内容さえしっかり記憶してれば解けるのが20問くらい。
残り10問位は、そんなのしらねー初めて聞いたんですがっ(゚д゚)
という問題でした。次の説明のウチ、誤っているものを選べだの、
正しいものを選べという問題は勉強してても分からん系が出る可能性が高いです。

が、勉強してれば消去法で正解率を上げることが可能。
コーディング問題は正直簡単です。
Javaプログラマに比べたら「こんな単純な問題で大丈夫か?」と疑いたくなる程に。

関数は細かいオプションを覚える必要なし。
どういう動作するのかだけ確実に把握しておく。
PHPの動作仕様など、さり気なく書かれているところも記憶しておく。
判定ロジックは詳細に理解しておく。

とまぁ大体これくらいやれば合格は出来るかなと思いました。


nik5.144