.................................................
<< 11年12月 >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
10/16 みー
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



おれは非情勤 2011年12月28日(水)19時44分
分類:小説 [この記事のURL]

おれは非情勤(東野圭吾)読了。
非常勤の教師が繰り広げる短編ユーモラスミステリーといった所か。
ユーモアというのはギャグテイストとかそういうのではなく、
物語のキーとなる部分が単純な仕掛けとなっている部分。

最初の6×4というタイトルもそう。
体育館で女教師の死体が発見される。6×4という文字が残されていた。
では、このダイイングメッセージとも受け取れる数式は何の意味があるのだろう。
読者の焦点はまさにそこに集約される。
この小説は全て、こうしたタイトルの意味を探る楽しみを与えている。

短編でありタイトル毎に赴任先が変わる為、
キャラクター性というのは全く重視されていない。
気軽に読む分には良いが、本格的なシナリオを堪能したい人にはお勧めできない。

内容としては普通ーって感じでした。


nik5.144