.................................................
<< 11年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



探偵倶楽部 2011年5月22日(日)20時44分
分類:小説 [この記事のURL]

探偵倶楽部(東野圭吾)読了。
5つの短編からなる推理小説。
それぞれ異なる事件を冷静クールな探偵が解決するというもの。

必要最低限のことしか喋らず無駄はない。
その仕事ぶりは完璧で格好良すぎです。

よくある推理小説のように、この探偵視点で物語が進む訳ではない。
あくまで事件の当事者視点で物語が進んでいく。
事件の関係者が探偵に依頼し、間幕に探偵が登場し格好良く事件を解決する。
このパターンです。

それぞれの事件は単純に思えて意外な展開が隠されています。
短編が故に伏線やトリック、謎解きといった大きな仕掛けは薄いですが、
手軽ながら綺麗にまとまっており読者の予想を裏切る展開も散りばめてあるのが良いですね。

東野圭吾という人を知っていれば、こんな単純な展開で終わる訳ないという前提が既に定着しているので、二転三転程度じゃ驚かなくなってますが。
とは言え、なかなか楽しめる作品でした。


nik5.144