.................................................
<< 11年03月 >>
27 28 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
10/16 みー
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



レイクサイド 2011年3月21日(月)11時12分
分類:小説 [この記事のURL]

レイクサイド(東野圭吾)読了。
湖畔の別荘に受験を控えた子供の勉強合宿の為、やってきた親子4人。
そんな中、1つの殺人事件が発生する訳だが、それを隠蔽しようと言う。
しかも、集まった親たち全員で‥‥だ。何故ここまで協力できるのか?

その親子にはお互い異常と思える秘密を抱えていた。
普通の殺人事件ものにはない新しい発想ではある。
最初は登場人物が一気に描かれて誰がどんな役割かイメージつき辛いが、
まぁ頑張るしかない。

前半のクライマックスあたりからグッと面白みが増してきます。
主人公がこの共犯による疑問を感じ取るあたりからですね。
読者も何でこの人達は協力するんだ? と。

ページ数も短いしサクッと読むのには丁度いい一冊でした。


nik5.144