.................................................
<< 11年02月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28


最近の雑記

最近のコメント
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
10/16 みー
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



魔球 2011年2月11日(金)14時44分
分類:小説 [この記事のURL]

魔球(東野圭吾)読了。
20年に1度の天才、須田武志が選抜大会で投げた最後の球は果たして魔球だったのか?
その数日後、エースの女房役と言える捕手の北岡が愛犬と共に殺された。

愛犬が殺された後で、北岡が殺されている。それは何故か?
殺人事件の裏で東西電気社で爆弾騒ぎが発生。
果たして、この二つの事件はどう結び付くのか?

須田の天才振りを綴る箇所は非常に良い。
気になる要素は多いが引き込まれる展開は少々薄いといった感じだ。
二転三転のストーリー展開はあるが、インパクトは薄い。

クライマックスで数々の伏線が見事にマッチするのでスッキリ終わりました。


nik5.144