.................................................
<< 11年01月 >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


最近のコメント
10/21 北本
10/19 ばてれん
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



名探偵の掟 2011年1月10日(月)2時02分
分類:小説 [この記事のURL]

名探偵の掟(東野圭吾)読了。
推理小説の常識を覆した作品。
小説の主人公が単純に物語りを進めていくという展開ではない。

小説のシリーズキャラクターが胸の内を明かし、
読者に対する感想を代弁しながら進むという一風変わった作品でした。

12つの短編からなるさまざまな推理小説の常識を覆した内容。
小説のシリーズキャラクターが読書視点で、推理小説を読む読者の気持ちを代弁しながら、話が進んでいくという内容。

密室トリック、アリバイ崩し、消えた凶器など、ありがちな推理小説のネタを根本から覆した展開が楽しめる。

普通の推理小説と思って読むとカウンターパンチを喰らった気分になります。
内容としてはそれ程面白いとは思わなかったが斬新ではあった。


nik5.144