.................................................
<< 10年11月 >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


最近の雑記

最近のコメント
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



手紙 2010年11月28日(日)18時39分
分類:小説 [この記事のURL]

手紙(東野圭吾)読了。
今までのジャンルとは異なった新しい着眼点が斬新だった。
強盗殺人をしてしまった兄と、強盗殺人犯の弟というレッテルを貼られ
世間の厳しい現実を目の当たりにするヒューマンノベル。

身内が刑事事件を起こすと、家族にも多大な迷惑を掛ける。
そんな情景がヒシヒシと伝わります。それもリアルに。
まさに人生のどん底です。

世間に満ち溢れる差別と偏見、だがそれも正義なのだと。
受験、恋愛、就職‥‥人生における転機は、強盗殺人犯の弟というだけで
ことごとく潰されていく。切なすぎますね。

タイトルにあるように月に1度だけ刑務所から届く手紙。
その手紙の最終的な決着、クライマックスは若干の感動路線。

読みやすいテキスト。気になる展開。なかなか面白かったです。


nik5.144