.................................................
<< 10年11月 >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


最近の雑記

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



オーデュボンの祈り 2010年11月19日(金)21時48分
分類:小説 [この記事のURL]

オーデュボンの祈り(伊坂幸太郎)読了。
伊坂幸太郎のデビュー作品です。
初期の作品ながら後に繋がる伊坂ワールドの雰囲気は感じられます。

現在の伊坂ワールドが現実に限りなく近いファンタジー要素を自然な形で溶け込ませているのに対し、この作品は最初から奇抜な要素がある。

未来のことが解る喋るカカシ。

何はともあれシュールである。
内容としてはドラマチックな展開や、意外性、逆転劇など殆どなく
ただこの不思議な世界をフワフワと漂う感じです。

引き込まれる要素が低い分、だらだらと読んでしまう傾向になります。
正直言うとあまり面白くなかったです。

最後のオチも、何を伝えたかったのかも、
ちゃんと作られた物語なのだがインパクトは極めて薄い。

残念な作品である。


nik5.144