.................................................
<< 10年10月 >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


最近の雑記

最近のコメント
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
10/16 みー
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



陽気なギャングの日常と襲撃 2010年10月10日(日)21時12分
分類:小説 [この記事のURL]

陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂幸太郎)読了
4編の短編、長編、オマケ短編からなる小説。
前作(陽気なギャングは地球を回す)の続編。

4編の短編は、主人公達である4人の銀行強盗達が、
単独の小さな事件に巻き込まれて、それを解決する話。

しかしながら、ここは流石伊坂幸太郎。
この短編の中でそれぞれの出来事がリンクしている。
思わずニヤリとしてしまうシーンは多い。

更に続く長編も、この短編に布石が仕込まれており、
実際は4つの短編+長編で1つのストーリーを形成している。

内容はそれほど引き込まれる要素はなかったが、普通に楽しめるかなと。
短編の方が面白かったです。
長編は若干だれる感じがあるが、最後の展開は流石ですね。

この小説の一番の売りは4人の主人公達の個性が非常に良く出ており
それぞれの役割をきっちりこなしているところかな。


nik5.144