.................................................
<< 10年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


最近の雑記
05/01 キケン
04/15 向日理髪店
03/26 明日、アリゼの...
03/24 らん
03/20 KUHANA!

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



オロロ畑でつかまえて 2010年8月22日(日)11時28分
分類:小説 [この記事のURL]

オロロ畑でつかまえて(荻原浩)読了。
ユーモア小説の傑作とのことだったが、
ギャグテイスト馴れした私にとって笑い処が全く分からなかった。

ユーモア小説というぐらいだから、全編に思わず顔がにやけるようなシーンが盛り込まれていると思いましたが、1回もにやけることなく読み終わってしまった。
ギャグテイストな作品と思って読むと期待外れになるので注意。

というより私の考えてるギャグテイストな作品と、
ユーモア小説は全くジャンルが違う気がしました。

ここがユーモアなのか?? と思われるシーンは恐らく、
ど田舎の村人の頓知な会話だと思われる。
(私の笑いのツボは全く刺激されない)

さてユーモア作品ということは忘れて小説本来の内容に触れたいと思う。

まず初めに、この作品は確かに面白かったです。
最初(60ページ)くらいは面白みにかけて退屈ですが、
いよいよアクション起こす展開になると徐々に面白みが増します。

結末はどうなるんだろう?
という期待感が溢れ出して先を読み進めたくなる(ここ超重要)

広告企業の内部事情がほんの少しだけ解ったような気になるのも良かった。
ティーザー(じらし広告)って単語は使えるな! と思いました。

そしてクライマックス。最後の締め方も心地よい。
上手く終わってハッピーエンドと思ったら、更にその先まで用意しているのが憎い演出でした。まさにプレミアムの名に相応しい。

222ページと短めで値段も480円なので手軽に読む小説として良いと思います。


≪コメント(2)
文福茶釜
《ユーモア》
隣のおばさんに呼ばれて家に上がったら、風呂から上がって裸で出てきた幼馴染の女の子とばったり廊下で出くわし、「きゃー、あんたなんでここにいるのよ! えっち! へんたい! あるかいだ!」と叫ばれる。次の日の朝、学校へ行く道で出会ったら顔を真っ赤にした後、口もきかずに逃げてしまう。親密度がひとつ上昇。

《ギャグ》
隣のおばさんに呼ばれて家に上がったら、風呂から上がって裸で出てきた幼馴染の女の子のガチムチお兄さんとばったり廊下で出くわし、「きゃー、あなたなんでここにいるのよ! えっち! へんたい! …でもあなたとなら、いいかも」と誘惑される。好感度がひとつ上昇。いや、上昇するな。
10/08/23 11:42:32
北本
ユーモアとギャグって別物のような気がしてきた。
今度、レポート用紙0.17枚(68文字)程度でまとめてみるしかないと思います。
10/08/24 22:45:23
名前(任意)

nik5.144