.................................................
<< 10年02月 >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28


最近のコメント
10/07 北本
09/29 拝承
07/28 北本
07/20 ばてれん
10/26 北本
.............................
何となくリンク
.............................

2020年
02月
05月
09月
2019年
04月 05月
08月 09月
2018年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
09月
10月
2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

2010年02月25日の雑記


伊坂幸太郎と言わざるを得ない 2010年2月25日(木)20時25分
分類:映画 [この記事のURL]

ゴールデンスランバーを観てきました。
原作・伊坂幸太郎ということで小説の映像化な訳ですが、
基本、こういうものは小説で読んだ方が面白い。そう思っていました。

ところが、始まった15分くらいで一気に物語が動き出した後は、
グイグイ引き込まれる展開で最後まで飽きずに飲み込めました。

つまり面白かったッ!!

最初はドラマスペシャルみたいな感覚であまり期待してなかったのですが、
内容が面白ければ派手な演出なんていらないなと感じましたね。

また伊坂幸太郎の得意技である時間軸をずらした演出。
物語の中にある何気ない要素がキーポイントになったり。

これは流石と言わざるを得ません

そして、キルオが格好良すぎて洒落にならんっっw

伊坂幸太郎の小説は、死神の精度⇒終末のフール⇒魔王 の順番で
3冊しか読んでない。

現在進行形の試験勉強が終わったら「アヒルと鴨のコインロッカー」を読みたいと思うのですが、実はこれも映画化されてるので、DVDで観るのもありかなと思った。

奥田英朗の伊良部シリーズも2冊読んで、3冊目まだ買ってないから、こっちも読まないとな。

しかしながら伊坂幸太郎の作品、映画化されまくってるなぁ‥‥


nik5.144