.................................................
<< 09年12月 >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
10/16 みー
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月



死神の精度 2009年12月21日(月)22時55分
分類:小説 [この記事のURL]

死神の精度(伊坂幸太郎)読了。
予想していた以上に面白かったです。
主人公が死神の短編小説。異なる6つの話が詰まってます。

そのどれもにドラマと仕掛けがあり、読者の好奇心を煽っています。
例えば一番最初の話、ある女性にストーカーの如く近寄る男。
何故この男はこんなことをするのか? そこに単純な感情を持ち込まず独自のドラマ性、展開を持ち込んでいきます。

中毒性があるとまではいかないが、読んでいて楽しいと思える小説。
6話構成であるが、それぞれに異なるドラマ性があり、同じ様な話はない。
個人的には「吹雪に死神」の話が好きでした。

吹雪でペンションに閉じ込められた状態で、次々と人が死んでいく。
単純なミステリーのように思えますが、当然そんな訳がなく、
何故このような展開になるのか? 最後の最後に謎を紐解く展開が良かった。

そして短編の中で繋がる「インターテクスチュアリティ」に少しニヤりとする。この作者の得意とする手法らしい。

さて、次はアガサクリスティーの「そして誰もいなくなった」に移りますか。


≪コメント(3)
チャー
展開拝承。
めん

09/12/21 23:02:44
文福茶釜
「そして誰もいなくなった」の絞殺、もとい、考察についてはここが面白かったので、読後にどうぞ。
http://www.inscript.co.jp/wakashima/Mystery/w2%20Christie.htm
09/12/22 07:56:01
北本
漢字対応不可、麺。

考察は面白そうですね。読み終わってから見てみたいと思います。
関係ないけどRemember11の考察は深すぎて脱帽した覚えがあります。
09/12/22 23:51:37
名前(任意)

nik5.144