.................................................
<< 08年04月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30


最近のコメント
07/30 うちも千葉県
07/03 北本
07/01 null
05/17 千葉県民
03/18 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

08年04月の雑記


嘘です、ごめんなさい 2008年4月3日(木)21時51分
分類:創作活動 [この記事のURL]

個人的に超お気に入りゲームであるSO2が発売された。(PSPで)
当時は本当にやり込みして300時間以上はやってたと思う。
3896円で、このレベルのゲームが出来るって結構嬉しいと思う。

ゲーム製作の方もあるので、気分転換レベルで楽しみたい。
携帯ゲーム機の小さい液晶画面では正直プレイしたくないので、
ハイビジョンTVに出力してやりたい‥‥居間にしかないのが難点だ。

イイ感じだったら買うかもしれない。
AQUOS LC-32DS3 (32) は発売当初からチェックしてて10万円位は安くなったが、
最近3倍速の液晶TVが出たとか噂を聞いたので、また迷いだしてる。

エイプリルフールとか全くノータッチで寧ろ好きじゃない派なんですが、
とりあえず便乗してみます。 とっくに期限切れ?
うん、エイプリルフールとか全然意識してないんで軽く流して下さい。

衝撃スクープッ!!

同人ゲーム 罪 -記憶のカケラ- は元々18禁だった!!

以下、ネタとして了承して頂ける方は、続きを読む をクリック。



EDEN番外編ですよー、すよー 2008年4月4日(金)20時32分
分類:ゲーム [この記事のURL]

EDEN 番外編-人気投票結果伝説- が公開された。
まず、人気投票の結果をキャラクターとの掛け合いで進行させる
この着眼点は非常にナイスでした。

突発ネタを逆手にとったキャラトークがすげぇ楽しんですがッ!!

「それではソウルポイントシステムについて説明するぞ」

って、すげぇもっともらしいシステム名をつけて、
その実、めちゃくちゃこじつけで、すごく笑わせてもらった!!

そして人気結果発表も順位毎にキャラトークが用意されていて、
それがまた面白い訳ですよ。うん。

う〜ん、この作者のセンスは見習うべき所が有りすぎて困る。

それにしても、、

ソウルポイントシステム気に入った(・∀・)
↑早速騙されてるッ∑(゚д゚)

えー実は風邪が悪化して、かんりピンチなので、早めに寝ます。
ごめんレナ、今夜は逢えそうにない。(←何か変な夢見てる

そう言えば、12RIVEN(WIN版) も今日発売日でしたっけ?
ぐ‥‥これもプレイしたい。



スターオーション2 1st Impression 2008年4月5日(土)23時43分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

今日は1日家で おとなしくゲーム(スターオーシャン2)してた。
今のRPGはどうか知らんが昔のRPGって実はやりたい放題だよな。

家の中にある宝箱を勝手に漁って自分の物にしたり、
他人の家に勝手に入り込んだり、挙げ句の果てに他人から物を盗んだり。
すげぇゲームだ、そんな私はSO2でお約束のビックポケット(盗みの特技)で
フィリアさんからミスチーフをぶんどらせて頂きました。

軽い感想ですが、ゲーム全体として面白いです。
戦闘で敵を倒してレベルが上がり強くなっていく過程が単純に楽しい。

イベントなどのキャラ同士の会話はフルボイス仕様になっているが、
ADVと違ってあまり価値観は見出せない? というのが正直な感想。

問題は声スキップできるが、1回ボタンを押した時に声を止めて、
テキストを進める為には更にもう1回ボタンを押す必要がある。
つまり2回ボタン押さないと次の台詞にならない。

そしてキャラの仕草( ! とか、汗 とかのモーション)から
台詞を言うまでの間がイチイチ長いので会話のテンポが悪い。
ADVでのテキスト送りに慣れしたせいか、これはかなり気になった。

キャラ同士の会話時にバストアップ画像が表示されるのはかなり良かった。

声優はオリジナルと変わっているようで、レナは微妙ですね。
悪くはないがイメージとちょっと違う。今でも若干違和感がある。
クロードは最初違和感あったけど今は慣れた。
セリーヌは特に違和感ない。 これから徐々にキャラ増えるのでどうなるか。

音楽と声のバランス調整できないのは地味に痛い。
実はめちゃくちゃ声が大きくて音楽は小さい。声強調し過ぎな印象がある。

バトルはアクション要素があるため、イイ感じに楽しめる。
敵を蹴散らすのが楽しい。

攻撃系の魔法は殆どが画面停止エフェクトなのは改善してほしかった。
テイルズシリーズは殆どノンストップモーションになってるような気がした(デスティニー2までプレイした)
そして攻撃魔法全然役に立たない。物理攻撃の方が圧倒的に有効。
敵の魔法攻撃は脅威ですけど。

そんな感じで進めてます。



11eyes -罪と罰と贖いの少女- 体験版感想 2008年4月6日(日)21時35分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

11eyes -罪と罰と贖いの少女- 体験版プレイしてみました。
侵蝕世界学園伝綺アドベンチャーゲームてな感じで、
伝奇好きな人にとってはウハウハなジャンルなのは間違いない。

さて実際プレイしてみて思ったことは結構ある。

まず想像していた以上にバトルエフェクトが地味。
これはAYAKASHIと比較してとか、そういうレベルじゃなくて、
単純に1世代以上前の演出です。

瞬時エフェクトと、単独の拡大縮小、スクロールが基本。
上記を混在させたクロスフェード拡大多重レイヤー演出とか、
そういうの全然なかった。 1枚のレイヤーだけで演出やってるって感じ。

敵を蹴散らしてるとか、戦っているという爽快感が全くないです。

ちょっとカッコイイ感じのCGも使い方が地味過ぎる。
普通に1枚絵をフェード表示させてるだけだもんなぁー
正直言って演出かなり勿体ない、まぁ要するに地味。

通常のADVパートも、さほど動きはないが、
これは無理に動かす必要はないと思うんで良いと思います。
君が望む永遠〜Latest Edition〜のように視点がグリグリ変わるのも
非常に良いが、そこまで重視する必要はないかと。

しかし、それを補うようにキャラクターの表情や、モーション種類が豊富。

ここまで各種パターンが揃ってるゲームって凄いと思う。
1年以内にプレイしたADVゲームの中では圧倒的なボリュームですね。

そしてキャラのフェードエフェクトなどは地味なんですが、
アニメーションしたり、モーションの豊富さでキャラとの掛け合いが
イイ感じに楽しいですね。
このモーションをもっと活用した演出できれば良かったなとは思った。

まぁ肝心のテキストは若干パンチが弱く少々退屈なノリがあったりします。
ギャグ牽引キャラはいますが、ナチュラルテイストな笑いには繋がらない。

シナリオは引き込ませる要素としては少々物足りない。
何となくなんだろうコレ? 少し気になるし、もう少し読んでみようか。
というくらいの引き込み度。

ただ普通の伝奇ゲームと違って敵キャラが明らかに異質な存在。
ん〜何て言うか、残虐な生き物っていうか、何コイツら? みたいなノリ。
何となくRPG的なボスキャラを連想した。

日常と非日常を交互に繰り返すことで展開に起伏を付け
シナリオ倦怠感を払拭するのは結構良かったです。

正直な印象として、女神転生異聞録ペルソナの世界観を彷彿させる。
特に○人目の技能者なんて、もろペルソ‥‥げほげほっ

キャラクターは、ぼえぼえなメインヒロインに加え、
剣を使ったカッコイイ系などがいる。
で、私が大抵好きなカッコイイ剣タイプヒロインなんですが、
魅力があんま出てねぇ!!
初登場時、もっと格好良く見せ場を作って登場して欲しかった。
5本の剣を使い分ける(?)とか凄い設定あるっぽいのに!
(↑どんだけ無駄に立ち絵増やす気だよ‥‥)

で、正直あまりキャラに魅力は感じなかった。
まぁ強いて言えば栞が一番人気でそうな予感です。


ただこの娘、能力者じゃないっぽいんですよね。
だったら何? このキャラって何の伏線よ? みたいな感じで一番気になる。

音楽に関して。
日常系の曲など、あまり印象に残らない曲が多い。
悲しい曲はピアノの曲がちょっとイイ感じでした。
で、肝心のバトル曲は結構自分好みで安心した。
ビートを弾けさせた感じの曲とかイイですね。

どうやらバトル曲は5曲あるらしく、多分今回の体験版で3曲聞ける。
って、ラスボスに専用曲用意すると過程して、残りはボス曲?
うわぁーもうちょっとバトル曲欲しかったですね。

音楽は途切れなしループ再生対応してる所に安心感を得た。
バトルBGMで音楽切れるのは今時のゲームとしては
引くから実は結構重要なファクターだったりする。

まぁ色々不満点はありますが、十分楽しめるかなと思いました。
結局、主人公の力が覚醒(?)する前に体験版終わった。(でも5時間程あった)
切り札は最後まで取っておくって感じですか?

とりあえず、製品版もプレイしてみたいという気にはさせられた。

で、まぁやっぱり疼いちゃいますよね。

伝奇ADVつっくりてぇえええっ

何気に企画は既に持ってるんですけどね。
行き当たりバッタリな中途半端な設定資料やプロットがExcelにまとまってる。

今まで培ってきたスキルやノウハウを活かして、
すっげぇ楽しいゲームにしたいと思ってる訳ですが果たして‥‥
シナリオ36kb程度書いてあるけど止まってるし(笑
また色々な伝奇ゲームから影響されて設定を色々書き換えそうだ。

その前に 罪 作れよ‥‥と。 うん。
こっちも頑張ってますよー いやホント翠の仕草がいちいち可愛くて。
演出も本当に凄く無駄に弾けて、かなり楽しい作品になってます。
(主に自分が)



スターオーシャン2 感想その2 2008年4月12日(土)9時09分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

SO2でウェルチ(SO3のキャラ)が仲間になった(゚д゚)
さり気なく新要素を入れる辺りが熱い。

それにしてもウェルチの会話は面白い。
最初に見たプライベートアクションで武器屋と喧嘩始めた時の選択肢。
------------------------------
 ウェルチを止めないと!
⇒おもしろそうで目が離せない!
------------------------------

残念なことに本編の中でウェルチの会話は全くない。(今のところ)
現在、前半のラストダンジョンまで進んでこの状態なので、
最後まで会話にまざることはなさげですね。

あとPS版に比べて難易度が下がってるような気がする。
ステータス下げて経験値多くもらう「修行Lv10」を全員やっても、
雑魚戦は勿論ボスも弱すぎる。

カスタマイズをLv9〜10まで上げれば、前半で攻撃力1000オーバーの武器とか手にはいる。(現在全員1000オーバーの武器)
普通に手に入れる中では600くらいがMAXだと思う。

後半になれば、このビハインドも有効じゃなくなるため、
徐々に難易度が上がっていきそうな気がするが。

更にPSP版はクロードが3連続攻撃できるようになってる。
テイルズシリーズでお馴染みの必殺技キャンセルも可能。
(これは前からありましたっけ?)

あとLVがサクサク上がるからってのもありますかね。
スキル上げとか強くなっていく過程が楽しい。
戦闘でキャラを育てる過程が楽しいってのはRPGでは非常に重要な要素。

お陰様で数時間ぶっ続けてハマってしまいます。
殆どのADVゲームは長くても1.5時間程度で気分転換したくなりますからね。
グイグイ引き込まされるシナリオなら2〜3時間くらいならぶっ続けても平気。
RPGは2〜3時間ってレベルに収まらないから困る。

因みに現在のパーティーは、
レナ、クロード、ウェルチ、プリシス の構成でバトってる。
控えはディアスとセリーヌ。 オペラとはさっき別れた。



てきとーに小ネタ 2008年4月13日(日)11時05分
分類:小ネタ [この記事のURL]

■涼宮ハルヒの憂鬱「キョンがハルヒに大事な話があるようです。」
地味にハルヒが可愛い。 が、最後の方に出てきたキャラが解らん。

■サラリーマンがやってはいけない「バカに見える」話し方
実際に使われた台詞をピックアップしてるよ。

■「解読不能は数学的に証明済み」、RSAを超える新暗号方式とは
>暗号に使う関数自体も毎回異なる
こりゃ解読不可能になる訳だ。 それにしても凄い技術だなコレは。

■電車内で携帯をいじる人はどれだけいるか
それだけ暇ってことですね。私は携帯いじりしないですけど。
なるべく目を休めることにしてます。

■暴走する?アキバのホコ天
駄目だコイツ(等)、早くなんとかしないと!
ホコ天廃止にした方がよくね?
オタクの街というイメージになってから滅多なことじゃ秋葉原行かなくなった。
昔は秋葉でゲーム買ったりしてたけどココ数年はAmazonでしか買ってない。



フェイトさん補完、始めました(´д`)ノ 2008年4月13日(日)21時59分
分類:更新記録 [この記事のURL]

フェイトさん萌絵ー補完計画
何の前触れもなく突発的に始めたようです。(他人事のように
また管理人の悪いクセが始まりましたね。

Ever17の時もそうだったんですけど、
ブームに一足遅れて始めるのが自分クォリティーなんでしょうか?

[フェイト萌絵ー補完計画 基本思想]
・補完対象はフェイトのみであり、一般、18禁絵を問わない。
・カラー絵のみを補完対象とする。ただし例外あり。
 ※漫画形式、線画でも萌絵ポイントが一定値を越えた場合など。
・独自と偏見により補完するフェイトを抜粋しており、
 全てのフェイト絵を補完対象とするものではない。
・補完したフェイトに対するコメントは個人的主観で付与するものとする。
・基本概念が管理人の気分によって変更された場合、
 それ以前に補完されたフェイトについては改訂前の概念を遵守する。



スターオーシャン2クリア 2008年4月15日(火)21時49分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

SO2クリアした。 とりあえずノーマルのラスボスまで。
LV88くらい。 LV上げ全くやらなくても普通にクリアできる。
最後まで全員能力下げ(修行)+移動速度ダウン(開眼)を
セットした状態でクリア。

パーティは、クロード、レナ、ウェルチ、プリシスのハーレム状態。

後半戦は、
クロード⇒鏡面刹 ウェルチ⇒連続びんた プリシス⇒ぽかぽかアタック
というフルぼっこ攻撃で殆どのボスは瞬殺。

ラスボスは、吼竜破連発しまくれば楽勝でした。
クリア時間は28時間。
試練の洞窟は、暇を見つけて潜ってみよう。
自慢のパーティーが呆気なくボコボコにされそーで怖い。
あーでも、また反則的な強さのアイツと戦いたい。

それにしてもウェルチが、ほんと良い味出してますね。
「強すぎず、弱すぎず、まさに匠の技ですね」の台詞がお気に入り。
この声優さん(半場 友恵さん)結構好きだわ、声と演技が。

あとウェルチの武器がかなりひいき目。
ラストダンジョン前に 攻撃力2000の武器がサクッと手に入る。
(同じ条件で武器をゲットした場合、クロードの最強武器は攻撃力1400)

単体攻撃の最大ダメージは 9999 でカンスト。
攻撃魔法は全く使わない。 というか役に立たない。

ゲームはシナリオより何より戦闘でキャラが成長していく過程が楽しい。
スキルを振り分け成長させたりアイテムクリエーションで
色々なアイテムを作ってゲームを有利に進めたり、
という楽しみがイイ感じに盛り込まれている。

各種イベントはキャラがチマチマモーションしたりするんですが、
寧ろテンポが悪くて結構イライラします。

ADVゲームに慣れたせいか、
会話がサクサク進まないのは結構ストレス溜まる。

プライベートアクションやる時も、
街に入る時と出る時にキャラの集合シーンが挿入されるが、
毎回これ見るのが面倒、、スキップが欲しいと思った。

アニメーションが追加されているが、なくても良かった。
新曲とか、新ボス追加の方が27倍は嬉しかった。

総合的にゲームとして、かなり楽しめた。
シナリオを追う楽しさというより
キャラを成長させる楽しみを味わいたいなら間違いなく買い。

まぁシナリオもシリーズ中で一番良いと思いますけどね。



このフェイトが可愛い 2008年4月16日(水)21時49分
分類:小ネタ [この記事のURL]

ドリームプロジェクトさんの「フェイトさんが本気でウッ−ウッ−ウマウマ」
デフォルメ化されたフェイトさんの踊ってる姿が可愛すぎるんですが。
このフェイトは見てるだけで和むので、持ち帰りたい。

■IT系は人気薄? 学生に人気の企業ランキング
IT業界にとってNTT系の会社は憧れの極みなんですが。

因みに前の職場は、
エンドユーザー ⇒ NTT ⇒ 某社 ⇒ 自社 ⇒ 自分
という流れで給料もらってた。(三次受け)
エンドユーザーから間に会社が入れば入るほど給料減るのは上記の通り。

そしてIT業界は、NTTの勢力が有りすぎて、一次受けはNTTだらけです。
NTTの下請け(二次受け)になっても利益は、かなり良いらしいです。

もちろんエンドユーザーから直接仕事依頼されるのが一番利幅が大きいが、
大手(特にNTT)の独占状態、中小企業の入る余地はない。
とりわけNTT関係と直接契約結べれば、万々歳状態。

■システムエンジニアの平均年収、594万円
こういう記事見ると、自分の年収の低さに絶望するわ。
まぁ要するに負け組です。
今の会社は資格取れば(一定期間)毎月資格手当が貰えるという
今では珍しくなりつつある会社なので、それで誤魔化すしかない!

現在、ORACLE MASTER に手を染め始めました。
来週 SQL基礎I 受験してきます。
実は、また勉強の日々でストレス溜まってる(笑

ORACLE 10g Express Edition はフリーなので、
これで勉強できるのが有り難い。

Linuxにインストールしようとしたら、物理メモリ不足で
インストールできなかったのでWindows版で我慢してます。



受験期〜ORACLE編 SQL基礎I 2008年4月21日(月)13時59分
分類:資格試験 [この記事のURL]

ORACLE MASTER Bronze SQL基礎I 受けてきました。
結果は 40/38問正解(28問以上で合格) で何とか合格した。
試験勉強と、実際の試験問題の感想などを書いてみます。

参考:教科書 Bronze Oracle Database 10g【SQL基礎I】編 \3,990
   徹底攻略ORACLE MASTER Bronze SQL基礎1問題集 \2,940
   ORACLE MASTER Bronze SQL基礎I 講座
   ORACLE MASTER 一問一答

勉強時間:100時間前後

勉強方法
今まで受けてきた試験(LPIやCCNA)と共通のやり方になりますが(´д`)
・教科書を読みながら暗記すべき重要な項目をピックアップして
 ドキュメントにまとめる。
・インターネットで参考になる講座を読み覚えた方が良いポイントを
 ドキュメントに追加していく。
・問題集をやって同様にポイントを追加していく。
・疑問点などは都度、実機を使って検証する。
・ドキュメントでまとめたものを暗記する。
・問題集を最初から全部正解に辿り着くように理解するまでやる。

試験内容
丸暗記で解ける問題が2割程度。これは確実に取るべき。

7割近くはSQLの構文を読み取り正解を導き出す問題。
色々な構文や条件が混ざって、じっくり考えないと正解に辿り着けない。
つまり時間が掛かる。

文法を曖昧に覚えていると消去方でやっても大抵、最後の2択で引っ掛かる。
構文のパターンが無限大なので参考書や問題集に載ってる構文は
確実に理解しておくべきだと思った。(何故この構文だとエラーになるのか等)

次の目標
勿論、ORACLE MASTER Bronze DBA10g ですよね。
それにしても、SQL基礎I と DBA で参考書や問題集が別々って、
これかなり痛い出費なんですけど。
Bronze取得するのにこの2教科必須だから、
参考書と問題集だけで 3,990 x 2 + 2,940 x 2 = 13860円 も掛かる。
勿論、これに受験料(15,750 x 2)が加わるので、
順調(1発合格)にいっても資格取るまでに約45000円掛かる。



リニューアルは新鮮で良いですね 2008年4月22日(火)21時44分
分類:小ネタ [この記事のURL]

LAST WHITEさんがHPリニューアルしたようです
入った瞬間、このシックな色が、もうね、花濡の絵が衝撃的。
てか、EDENのページねぇーよ! と思ったらエロゲーという罠。

そして、18禁ゲームだという衝撃の真実が明かされた。
プロローグで何となく、そういう雰囲気はあったけど、
とりあえず暴力的描写がヤバイからという事にしておこう。自分の中で。

■ひぐらしのなく頃にMAD「雛見沢L5体操」
後半の弾けっぷりがバカ過ぎて笑いが止まりません(´д`)

■漫画 イケメン・ストIIが面白い
格ゲー好きとしては、この展開は色んな意味で楽しめる。
とは言いつつ私はKOFと餓狼伝説中心な人でしたが。

■光市母子殺害、差し戻し審は死刑判決
遂にというか、本当にこの結末に持って行くとは、、すごいわ。
この人(本村洋さん)すごい説得力あったからなぁ‥‥

凄い余談なんですけど、今日会社の部長と某社に行ってきたんですが
ビルのエレベータの中で株式会社ドワンゴとかいう文字が飛び込んできた。
聴いたことある名前だなーと思ったらニコニコ動画やってる会社だった。
偶然とは言え、ちょっと驚いた。 勿論ドワンゴには行ってない。



資格は社会人のステータス 2008年4月25日(金)21時03分
分類:資格試験 [この記事のURL]

2008年春 いま注目の資格とは?
ORACLE MASTER まさに圧倒的ッ! 何故ここまで人気あるんだか。

私も今、ORACLE資格取得に向けて勉強中で虚しい毎日送ってますが、
さっさと取得したいので、来月上旬試験受けるつもり。
GWは勉強とゲーム製作をイイ感じに両立させなくてはならない。

で、Bronzeは当然として、一応 Silverまでは一気に取得したいと思ってる。
理由はBronzeのDBA試験とSilverの内容が重複しまくってるため。
DBAの勉強して覚えてるウチにSilverまで取得するのが賢いやり方。

ただ、もう何て言うか勉強疲れるじゃないですか。
人が遊んでる時に机とPCと本に向かって勉強してる訳ですよ。
ただでさえDBあんま興味ないのに(うわぁー‥‥言っちまったよコレ
正直ストレス溜まりますね、うん。

寧ろ、XMLマスターの資格に興味津々なんですが!
取得してる方いませんかね?

「XMLはいまや必須の技術。ITエンジニアが、XMLを避けては仕事ができなくなったといっても過言ではないでしょう」
こんなこと言われたら取りたくなるに決まってます。
いやー私、直ぐ影響されるんですよね。 内容も結構面白そうだし。

あとはやっぱり試験に受かった時は本当に嬉しくて、
何より年収アップに繋がります。
ウチの会社、資格ゲットすると昇給の査定で結構プラスになります。

1年間、無遅刻・無欠勤・勤務状況等+資格ゲット を毎年繰り返せば、
あっという間に凄い年収になります。
無遅刻・無欠勤は当たり前のことなので多分イケると思ってます。

自分の将来のこと考えたらゲーム製作してる場合じゃないんですよね。
今回のフリゲ完成したら、ゲーム製作辞めるかも。

という訳で毎年1つは資格取得していきたい。
既にXMLマスターはターゲットに入れておきました。
とりあえずORACLEスパイラルから抜け出したい‥‥

さて、社会人として一番重要な資格はなにか。
資格というより寧ろ社会人としてなくてはならないもの。

それは運転免許証だったりします。
今の世の中、何かにつけて身分証明の提示が必要です。
銀行で口座作るのにも、資格試験受けるのにも身分証明書がいる。
写真付き必須で身分を証明できるものと言えば、免許証かパスポートです。

本当にコレがないと何もできないと言っても過言じゃない。
車に乗る為ではなく身分を証明するために必ず取得すべき資格です。



夢をかなえるゾウ 2008年4月26日(土)7時35分
分類:小説 [この記事のURL]

夢をかなえるゾウ読み終わりました。
ベストセラーとか結構影響されるんで、買って読んだ次第。
小説読んだのは「クラインの壺」以来で久々だった。

自己啓発本の一種なんですが、アプローチの仕方が上手いとか。

アマゾンの売り上げランキングでも2位と、確かに売れているようだ。
で、実際読んで見たが、騒がれる程の内容じゃないな、
というのが率直な感想。

そもそも自己啓発本を読んだのはコレが初めてなので、比較対象が解らない。
今回の本を基準にして考えると普通と言わざるを得ない。

最初は結構新鮮な感じだったんですけどね。

ただ中には、これ凄く良いこと言ってるな。
とか、言われてみれば確かに。 という場面が所々に点在していた。

私はあくまで小説として捉え、面白いか否かで判断しました。
その結果、普通だな、と。
笑えるという感想も聞きますが、
昨今のギャグテイストなADVゲームに比べたら全然弱いです。

自己啓発本として捉えると素晴らしいのかもしれない。(私には良く解らない)

電車の中とかで読んでたんですけど、
最近車内でDSやってる人殆どいなくなりましたね。
ドラクエ5が発売されたら、また増えるのかな?

良い年したサラリーマンがゲームする姿を見るとめちゃくちゃ引くんで、
今の状況は結構気分が良いです。

やっぱり携帯電話が多いですね。
本読んでる人もまだまだ現役で結構いるようです。
何気に勉強の本(資格の参考書など)読んでる人もソコソコ。



CatSystem2 2008年4月26日(土)9時04分
分類:創作活動 [この記事のURL]

はぴねす とか製作したPCゲーム会社が、自社のゲームエンジン
「CatSystem2」をフリー公開したんですけど、これいいですね。
最近、吉里吉里2ばかり目立って退屈してたんで上手く分散して欲しい。

私はみんなが使ってるツールは使いたくないので、
吉里吉里やNScripterとか避けてきたんですけど、CatSystem2 は
かなり魅力的で使ってみたいと思わせるに十分な機能を実装していました。

そんな訳で当該ツールで製作されたゲーム(ツナガル★バングル)の体験版を
プレイして自分的に欲しいと思った演出が実装されてるか確認してみた。

>キャラ(レイヤー)モーション中、メッセージウィンドウが消えない。
これによりテキスト表示と同時にキャラを動かすことで、
いきいきとキャラが動いてる雰囲気が出せる。

はぴねす の体験版やって直ぐに影響されて実際に組み込んでますが、
ゲームエンジンの性質上、レイヤー動かす時、
メッセージウィンドウ消えるという弱点があった。

とは言っても常時表示されるのは個人的に好きじゃないので、
任意にON/OFFを指定できることを願う。

つーか、このキャラモーション率は異常。殆どの会話でキャラ動かしてる。

>背景のアクティブスクロールが可能。
要するに背景をスクロールさせながらテキスト送りできる機能。
かなり使われてる演出なので一捻りしないと単純な演出に見える。
使い方によっては、かなり上手くゲームの演出が出来そう。

>レイヤーの多重モーション+モーション中フェード
複数のレイヤーを同時に動かせる。
またモーションと同時にレイヤーのフェード処理も可能。
これは自分にとってもっとも重要な機能なので実現可能っぽくて安心した。

>拡大縮小を織り交ぜた演出
拡大しながら別レイヤーのフェードイン表示など。
見た感じ出来ると思われる。

非常に残念なのは、1アクション(ALT+Enterなど)で
ウィンドウの切り替えが出来ない点。
これは相当マイナスです。 本当にもったいない。

とりわけ自分が欲しい演出は全て満たされていると言った感じです。
細かい所を言ったらキリがないけど、これだけ出来れば文句はない。

実際は限られた機能の中で、面白い物を作るのがプロと言えるが、
やはり欲しいと思う機能があるのはクリエイターにとっては嬉しい所です。

「PS3ではMGS4を作れない」とか限りない要求する人も世の中にはいますけど。

人生に余裕があったら CatSystem2 で是非ゲーム作りたいと思った。
単純なミニゲーム程度ならやるかもしれないです。
今はフリゲ製作とOracleの勉強で手一杯なので手が付けられない。

追加〆
サンプルが入ってました。
GAMEというディレクトリが既にある場所でファイルを解凍したため、
gameフォルダの存在に気付かなかった。(GAMEフォルダに解凍された)
今、色々見たら、かなり本格的なことが出来ることがわかった。

レイヤーのアクティブ動作も可能みたいです。
永続アクティブもできる。

更に画像の三次元回転が実装されてた。すげぇ‥‥
これ流行りますね。 めちゃくちゃ魅力的なツールやん。

とりあえずゲーム製作で吉里吉里が選択肢から外れたのは間違いない。



スクリプト組みが大変 2008年4月27日(日)21時16分
分類:創作活動 [この記事のURL]

罪に登場する如月凛子さんです。 お子様です。
キャラ紹介には反映する気はない。

怒った表情で赤面してる姿はゲーム内では
拝むことが出来ないカットです。

見た目ツンデレっぽい雰囲気ですが全然違う。
ゲーム内で設定した性格とは裏腹に可愛いから困ってます。

立ち絵なくても何とかなるんですが描いてもらった。
声も入れたいと思う。

それにしてもスクリプト組み込みが大変で時間掛かる。
早く仕上げたいんだけど無意味にキャラなどを動かしたりするから。

バトル演出がない分、楽なんですけど。
それでも15分で読み終わる演出に4〜5時間かかってる。

効率上げたい。 けど演出も拘りたい。 バランスが難しい。

完成見込みすら経ってないのに隠しキャラとか、コラボレーションネタとか
面白そうなネタが浮かぶから困る。



CatSystem2付属ツールがナイス過ぎて困る 2008年4月29日(火)9時03分
分類:創作活動 [この記事のURL]

CatSystem2の(はぴねすの)実践スクリプトが公開された訳ですが、
こうしてプレーンテキストでスクリプト見れると非常に参考になります。
プレーン機能使ってないので本当に最初の一歩からって感じですな。

それにしても、CatSystem2付属ツール(StView)がナイス過ぎて困る。
(フリゲ製作中にも関わらず、このツール使ってゲーム製作したくなってしまうので)


見ての通り、画像データのビューワなんですけど、
キャラの立ち絵は表情などを全てパーツ化している。

1つの表情につきキャラ全体画像使ったら、そりゃ容量の無駄な訳で
こうした手法取るのは当然と言えば当然なんですが、
実は結構面倒なんですよね。あくまで私が今まで使ってきたツールでは。

今、作ってるゲームは、顔と体だけ別パーツに分けて容量削減してますが。

これ見る限りパーツ細分化を前提に作られている。
そしてCSVファイルを連動させて左下のメッセージウィンドウに
制限事項を表示し視覚的に解るようにしてる。

そして、このビューワを確認し実際に組むスクリプトの引数を
そのままコピペできる。
上記の例だと、絵を表示する引数は「bd3,a,1,0,4,0,0,1,c」
何、この開発者に優しい設計は!?

流石は実際にゲームを開発してる会社が作ったツールだわ

実際キャラ絵表示するには、以下のようにスクリプト指定するようですね。
------------------------------------------------
cg 1 bd3,a,1,0,4,0,0,1,c 400 200
   ↑ピンクが引数部分
cg 1 ←この 1 はレイヤー番号だと思います。
400 200 ←はキャラの表示位置X,Y座標だと思います。
------------------------------------------------
最後に、設定した画像を表示させる命令と思われる draw を指定すれば
上記で指定した絵が表示されるって感じですね。多分
(説明書読んでないので断言できない)

画像のコンバートツール(WGC)もPSDファイルを直接扱えるようで、
何というゲーム製作に優しい設計。 まさに圧倒的展開。

あと噂には聞いていた最小化したらタイトルを「メモ帳」に
偽造する機能があったのに笑った。
「システム環境設定」で設定できるようです。

このツールでゲーム作りてぇーと思ったのは本当に久々です。
よし! 頑張ってフリゲ完成させたらCS2使って色々遊んでみよう!



お陰様で Appleが嫌いになりました 2008年4月30日(水)21時03分
分類:マメ知識 [この記事のURL]

プログラムの整理してたら「Apple Software Update」という
全く使わないApple製品の自動更新ツールが残ってたから
アンインストールしようとしたら削除不可能な罠(´д`)

一時的にQuickTimeとかインストールした時に一緒に入ったと思われる。

とりあえず、レジストリのキーを直接削除という技を使ったんですが、
「プログラムの追加と削除」一覧からは消えなかった。
更に選択しても「削除」のラジオボタンが出なくなるオマケ付き。

システム復元するのもアレなので、対処方法をネットで調べた。

⇒TunesとApple Software Updateをアンインストール

同じ現象を喰らって憤りを感じた方が他にもいたようで、
お陰様で凄いツールの存在を知った。

⇒Windows Installer Clean Up を利用したトラブルシューティング
このツールを使うことで一覧から綺麗さっぱり消すことが出来た!
さすがは本家MicroSoftのツールだ。

仕上げはccleanerを使ってレジストリのシェイプアップ。
漸くAppleの呪縛から逃れることに成功したっていうか、
こんなムカつくソフト勝手にインストールするなよAppleこんちくしょう。


nik5.144