.................................................
<< 07年03月 >>
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の雑記

最近のコメント
07/16 北本
07/16 チャー
06/28 北本
06/27 さよこ
02/11 北本
.............................
何となくリンク
.............................

07年03月の雑記


お金、どこに預けるのが良い? 2007年3月1日(木)20時17分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

普通預金の金利が 0.1% から 0.2% になりましたが、
もともと大金入れる用途の口座じゃないので全然有り難みがない。
寧ろ定期の金利を上げて欲しい所だが、今の定期預金に全く魅力はない。

そんな訳で個人向け国債にすることにした。
変動金利と固定金利どちらにするか迷ってる。

・変動金利型10年満期個人向け国債
半年に1回金利が変動するが利息が固定金利より安い。
途中解約する場合、2回分の利息が減額される。

・固定金利型5年満期個人向け国債
預け入れした時の金利が5年間変わらず固定だが変動金利より利息が高い。
途中解約する場合、4回分の利息が減額される。

因みに一番最近のデータだと固定金利の利息は1.2%。
年2回利払いが発生するので、1000万円の国債を持ってると、
1000万×(1.2% × 2 ×0.8(税金で利息の2割をぶんどられるので))=20万円。

1年で 20万円 も手に入ります、銀行の定期に預けるより断然お得だと思った。

来週(3/8)に固定金利の利率が決まります。
かなり気になる今日この頃です。

とりあえず、金利発表されてから判断します。
1.2%を上回るか否か、、因みに過去最低の金利は 0.8%。
過去最高が 1.3%です。

追伸〆
個人向け国債は預金損保(いわゆるペイオフ)対象外でした。
国の財政が破綻したら元金が戻ってこないリスクがある
極めて低い可能性ですが絶対ではない、ノーリスクなら結局定期預金か


あと、余談ですけど、サポート掲示板に関して
スパム書き込みがウザ過ぎるので http:// の入力規制を発動させました。
http:// の文字列が入ってた場合、書き込みを弾きます。
一部、スパム書き込み感染(苦笑)したログは削除してしまいました。
すいません。



続・定期預金の話 2007年3月3日(土)10時47分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

お金の預け入れのネタですが、
イーバンク銀行の新型定期を紹介されたのでチェックしてみた。

そもそもイーバンク銀行とは、どういった銀行なのか?
http://efantasia.ebank.co.jp/
支店を持たず全てインターネット上で取引する銀行(ネットバンク)
実際に支店を持たないのでコストが安い為、
通常の支店銀行より利率が若干高くなるのはこうした理由から。
⇒みずほ銀行の場合、インターネット支店の定期の方が利率が高いなど。

■お金の引き出しはどうするのか?
キャッシュカードを作れば、セブンイレブンなどのATMから
24時間365日無料で引き出しが出来る。

キャッシュカードを作らないことも可能。
⇒キャッシュカード紛失などのリスクを完全に遮断できる。
定期預金の場合、キャッシュカードは不要だし、これは良いと思った。

新型定期のチェック
預金損保対象なので1000万円までなら元本保証されます。

■パーカッション10
10年満期型の定期で利率は 1〜5年目⇒1.6% 6〜10年目⇒1.8%
一見凄い高金利に見えますが当然色々あります。

まず利払いが5年に1回という点。
つまり5年預けてやっと利息が貰える。
単純に言うと、5年で元金の6.4%(1.6 x 5 x 0.8)の利払いが発生する。

6年目以降は利率が1.8%になりますが、
銀行側の都合で満期を10年⇒5年に変更できます。
金利が低迷した場合は満期繰上をやられると思います。

銀行によっては逆パターンもあります。
5年定期だけど銀行の都合で期間を延長するというやつ。
↓の記事が非常に解りやすいです。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/life/juku/20051025ok03.htm

パーカッション10の詳細は以下。
http://efantasia.ebank.co.jp/shingata/manki/par10.php

■モーツァルト
6年定期で利率は1.1%。
6年目の利息のみ預け入れした時の為替により1.1% or 4.0% になる。
円高なら1.1% 円安または同じなら4.0%。

仮に円高になったとしても、6年間 1.1% の利率は不動です。
他銀行の定期に比べても、かなりの高金利ですね。

モーツァルトの詳細は以下。
http://efantasia.ebank.co.jp/shingata/kawase/mozart.php


そんな訳で、イーバンク銀行の口座開設申込みしてみましたー(´д`)ノ

ログインのセキュリティとか、チェックした後、
問題なさそうならモーツァルトの定期預金にしようかなと思った。

何か小学生の頃から、
もらったお年玉とか(親に)貯金(しかも10年定期)させられたので、
貯金するのが当たり前という思考をもったまま社会人になった感じです。



「車輪の国、向日葵の少女」感想その1 2007年3月4日(日)15時16分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

車輪の国、向日葵の少女(以下車輪と略)やり始めました。
とりあえず1キャラ分攻略完了した時点での感想は、非常に良いです。

私の場合ADVゲームは大抵最初の30分くらいで、
のめり込めるか否かになるんですけど、
車輪はついついのめり込んでしまうような展開で面白い。

やり始めたら止まらないといった中毒性とは違うんですが、
シナリオ読んでるのが苦にならないといった感じ。
純粋にテキスト追っていくのが楽しいと言った方が正解でしょうか。

要所要所にテンション上げるイベントを盛り込んだり、
ギャグテイストなテキストがダレを抑止してます。

何より驚いたのは、独自の世界設定。
日常の中にある全く新しい世界観は新鮮味抜群の味付けになっている。

そしてキャラクターも個性が出てて良いですね。
とくに磯野は完全ギャグキャラとしての地位が確立し超ウケる。

シナリオも感動要素が詰まってて目頭が熱くなるシーンがある。
そしてその肝心のイベントシーンでの音楽が、なかなか良い。

全体的な音楽の印象は弱く良いとは言えないんですが
キメる所はキメるといった感じ。
「Watch out!」は俗に言う駆け出し系キラーサウンドで、
この曲がお気に入りかな。

ただ曲によって音量がバラツイてるのは微妙。
reason to beIIの音は大きすぎ、そして日常系の音小さすぎ。

あとシナリオ自体は章仕立てになっており、現在の章が終わったら
タイトルに Next Chapter が表示され次章に進めるんですけど、
そのまま Next Chapter 選択しないで Load からやり直しBadEndとか迎えると
Next Chapterの表示が消えるのは、どうよ? って思いました。

てか、今、その状況になってて、結構萎えた。
正確には章と章の間のタイトル画面って設定みたいですが、
だったら Loadボタンがあるのが納得できない。



風邪っぴき 2007年3月9日(金)22時24分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

1年間で支払う健康保険料の総額は13万円超えてます。
因みにボーナスの健康保険料は↑には入れてない。
ボーナス時の給料明細が手元にない為、いくら税金で取られてるのか不明。

そして1年間で病院に掛かった費用の総額は1万6千円程度でした。
このうち7割を健康保険で負担してもらえる訳で
大体1万1千円程度負担してもらった計算になります。

残り11万9千円は社会保険庁(かな?)がまるまるボロもうけじゃん!
自動車保険は事故がなければ、支払う保険料も少なくなっていきますが
健康保険は何度病院に行こうが行くまいが変わらない。

医療費10割負担でもいいから、税金で健康保険料徴収やめて欲すぃーっ
とか色々文句垂れてたら風邪引いてしまいました(前置き長っ

今週の水曜日、朝起きたら喉が痛くて、頭がぼーっとしてました。
午後から仕事が辛くなってきたが何とか頑張り、
市販の風邪薬を飲んで速効寝ました。

次の日の朝、やっぱり直らなくて、会社休みたかったんですが、
運の悪いことにどうしてもやらなくてはいけない仕事があって
頑張って行った。
何とかその仕事が終えた所で流石に限界感じて早退しました、夕方頃。

そして某中央病院に行った時の対応。
症状を訴えた後、インフルエンザの検査しますと言われ検査室へ。
⇒インフルエンザではありません。ホッと一安心。

その後、喉の奥を診て「腫れてますね」と一言。
何々と言ったクスリ出しておきますね。
で診察終わり。

マジですか? 聴診器当てたり、打診で症状診たりしないんですかね?
喉診て、それじゃクスリ出しときますね。 で終わり。
今の診療ってこんなものなのでしょうかね?

そして家に帰ってから、もらったクスリを飲んで寝た。
19:00とか有り得ない時間に布団の中へ。

次の日の朝、やっぱり症状駆逐できず。
当然、会社休みたかったんですが、
やっぱりこの日もやらなくてはいけないことがあり休める状況じゃない。
何とか仕事を終え、速効眠りに就いたんですが2日連続、
超早寝したお陰で全く眠気がねぇー! という訳で現在に至ります。

それにしても迂闊でした。
私は電車で移動したり、とにかく外に出たら必ずうがいと手洗いをします。
だけど最近、電車内で咳き込む人が必ず居るという悪い環境でした。

そんな状況で、マスクをせず普通に通勤してたのが駄目だったのか。
たまに口を半開きしてる人がいますけど、私は怖くて出来ません。
煙草も吸わないし、酒も飲みません。ギャンブルもやりません(関係ない

それでも風邪を引く時は引いてしまいます。
皆さんも風邪には気を付けて下さいませ。

一応、頭のぼーっとする気怠さは若干抜けたんですが、
喉が異常に痛いです(ノД`)



邪神ちゃんシリーズ完結 2007年3月10日(土)9時43分
分類:小ネタ [この記事のURL]

エルビーーの「さわやか〜水」シリーズを良く買うんですけど、
何故、ファミリーマートだけパッケージデザインが違うんでしょうねぇ?
http://vre.sakura.ne.jp/img/2007/0310.jpg
と毎度の事ながら疑問に感じずにはいられない。

■邪神ちゃん 第5話(イイ・アクセス)
『聴かせてあげよう 破滅の鼓動を‥‥』
シリーズ完結編、今回はバトルが熱い、音楽もカッコイイ。

■ストIIでありがちなこと(カトゆー家断絶)
スレ90には笑った、そして実際やってる自分がいた。

■オーバードライウ゛、アニメ化情報
ぼちぼち情報が出てきた感じですね。
何気にこの漫画、熱中度はないんですが、だらだら読んでしまう魅力がある。
メインキャラだろうがサブキャラだろうが心理描写を深く付く傾向があり、
少女漫画っぽい演出とか妙にヒューマニズム漂う作品なんですよね。
ちょいと楽しみだったりします。

■CDプレーヤーのリモコンの謎
地味に納得。



「車輪の国、向日葵の少女」感想その2 2007年3月11日(日)0時48分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

車輪の国、向日葵の少女(Windows 18禁)
http://www.akabeesoft2.com/syarin/
ジャンル:ヒューマンドラマADV
発売日 :2005年 11/25
Play時間:25時間
オススメ:☆☆☆☆☆

⇒「車輪の国、向日葵の少女」感想その1

普通の恋愛ADVにはない要素が最高のスパイスになってる。
平凡で在り来たりな展開と懸け離れたシナリオセンスは抜群。

さち、灯花シナリオは恋愛ADVを踏襲させた感動系シナリオ。
特に灯花シナリオは良かった、「助けて」という悲痛な叫びの後、
主人公の「まかせろ」の台詞と同時に流れた
キラーサウンド(watch out!)の演出は最高でした。
テキストも読んでて凄く面白かった。

夏咲シナリオは非常に退屈でしたけど。
テキストも面白みにかけシナリオも今一でしたが、
これは最終章へ繋げる為の前座に過ぎないって感じでしたね。

そして最終章、展開が熱すぎます。
この時点で既に恋愛ADVの枠は完全に外れドラマチックシナリオに。
こうした熱い展開は応えますなぁ。

また、只では終わらせない。
簡単にハッピーエンドにはさせない、
そんなどんでん返し的な展開が凄く良かった。

音楽の演出に関して。
クライマックスで挿入歌が入るんですが、
この演出が非常に弱かったのは残念。
歌とシーンが噛み合ってないというか、挿入歌に対する
インパクトの期待が大きいことによる弊害なんだろうなぁと思う。
やっぱり挿入歌を入れる時って演出的にも一番の見せ場だと思うのですよ。
その見せ場が今一盛り上がりに欠けたってこと。

最近(と言っても5ヶ月くらい前ですが)プレイしたゲーム
「この青空に約束を」は感動シーンでの挿入歌演出が上手かった。
歌自体を単発で聴いても、そんなに良いとは思えないんですが
演出との融合が見事な相乗効果を発揮した典型的な例。

因みに私的に最凶インパクトの地位を飾っているのは
Airの「青空」や、flutter of birds2 の「仮面の笑顔」などです。
準最凶がSNOWの「空のゆりかご」、
この青空にに約束を の「Pieces」はここの地位。

話が逸れました。

車輪の音楽は総合すると良かったと思う。
(音量のバランスが疎らなのはどうにかして欲しかったが)
一般的なシーンで流れる曲は、そんなに良くないんですが、
芯のあるイベントで流れる曲がしっかりしてたので
全体的に良い印象を与えてると思う。

ただの恋愛ADVはもう飽きた。
だけど感動系で熱い展開が盛り込まれたゲームがやりたい。
と言われたら間違いなく、このゲーム「車輪〜」をオススメします。



天武の舞、暁の門 2007年3月11日(日)12時13分
分類:音楽 [この記事のURL]

てきとうなものさん経由で、「spirit of A'sII」というM@Dを見た。
そしてヴォーカル曲が妙にツボに入ったっていうか、
この曲ってもろ駆け出し系キラーソングとして使えるなぁと思いました。

何かね、こう気に入った音楽聴くと、
そういうイベントとか頭の中で構築されちゃうんですよね。
私良く音楽に影響されて(合わせて)シナリオ書く人なんで。

とりあえず暫定で音楽ファイルを保存しておくことにした。
(この曲聴きながらシナリオ考えたりする時があるかもしれないので)

まずはYouTubeで、この曲(天武の舞、暁の門)を探す。
普通にある所が素敵すぎます(笑
(オリジナルかは不明ですが)フルコーラスでした。
http://youtube.com/watch?v=coEdaJrKIJU

仮面舞踏会使って録音するのが一番簡単で手っ取り早いんですけど、
これって結局リアルタイム録音なので、録音終わるまで待ってるの面倒。

動画保存してからエンコードした方が早いんで、
VideoDownLoderで動画をダウンロードする。

保存したら拡張子を.flvとかにしておく。
さて、ここからWAVを抽出(っていうか変換?)する訳ですが、
Riva FLV Encoderを使うことにした。

こちらのサイト
Riva FLV Encoderの使い方がザックリ説明されてるので参考までに。

んで、WAVに変換したら、あとは波形編集ソフト使って、
音量など調整後、MP3など圧縮フォーマットに変換すれば完成。

大元の動画(FLV)の時点で音声ファイルが圧縮されてるので、
再び圧縮することで更に音質が劣化しますが、こればっかりは仕方ない。
音質に拘る人はサントラ買う方向で。

そんな訳で今「天武の舞、暁の門」がバックでループ再生されてます。



次はオリジナルっぽい 2007年3月14日(水)22時30分
分類:創作活動 [この記事のURL]

単刀直入に言うと同人ゲームの場合、敷居が低くて自由がある訳です。
まぁ皆さんご存知の通り、私はその時ハマった作品の影響を色濃く受けます。
Ever17が典型的な例であり随分長いこと関わってしまいました。

そろそろオリジナルに戻す頃合いかと思い色々考えてる状況。
懸念材料はいい加減ゲーム製作してる時間が取れないという点。
このまま惰性で進めても意味がないなぁと思いつつダラダラしてます。
(駄目すぎ)

実は基盤設計は構築済みで、超大ざっぱな世界観は出来てたりする。

基本的にバトル系伝奇ですけど、
恋愛ADVっぽさが前面に押し出されたり、
サスペンスっぽい内容が乱入したと思ったら、
やっぱり伝奇でバトルっぽくね? という感じ。

あとはI/O(Aルートに登場したあるもの)からヒントを得て、
その要素自体をオマケから連動する仕組みを盛り込みたいとか思い、
ザッと頭の中でロジック組んでみたところ、
実現可能っぽいので作ってみたいなぁとか。
やりたいことは沢山ある。

テキストの書き方は例の如くギャグテイストな雰囲気を醸しつつ、
駆け出し系キラーイベントは、やっぱり外せないなぁと思った。
そしてここヴォーカルにしたいな‥‥
早速「天武の舞、暁の門」の影響が出た模様。
このイベントを組み込む必要性が恋愛ADVに依存する結果に結び付いてる。

「読まされている」ではなく「読みたくなる」ようなゲーム作りが基本になる。
そして同人ゲームならではの冒険的アプローチを大事にしたいと思う。

と、言うだけ言ってみた。

まだ誰にも話を振っておらず(振れない状況)地道な一人作業です。
全ての設定から初期プロット&プロローグ途中までのデータ等は
外部に出してない。 おお、何かこう表現すると、それっぽいですな。
逆に言うと、まだ引き返せる段階とも言える。

あー正確にはキャラ絵描いて欲しい人にはラブコール済みですが
正式な依頼はしてないです。
何か今、某PCゲームのCGのお手伝いしてるらしく忙しそうで。

今週はリアルワークがピークで、激しく疲れが溜まってきた。
1日の残業が3〜4時間くらいなのでまだ何とか。
寧ろ残業代出ないのが痛い。

そしてフリゲの方、音沙汰ありませんねぇ(人事のように。
とりあえず色々落ち着いてから取りまとめます。

こっそり情報処理の勉強もしてるので何かもうアレですね。
風邪はしつこく治ってない、回復の兆しが見え始めてきました。
週末には復旧する見込み。

全然まとまりのない文なのは仕様通りということにしておいて下さい。



今週は厄日続きでした 2007年3月17日(土)23時5分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

米国版ミリオネアにおけるライフラインの使い方が
格好良すぎるのはさておき、現在死亡フラグのビットが立ってます。

昨日で一つの仕事が終わる筈だったんですが、
バグを発見したことで、そのバグ対処待ち状態に。

ゲームのマスターアップを控えた前日にバグを発見して
発売日を延期せざるを得なくなった時の心境ですね。

てか今週トラブル続きで、かなり参ってます。
風邪が漸く治りかけてきたのが救い。

折角の休みなのに何かとやる気が起きず、かなり前、
友達が家に置いていったダ・ヴィンチコードなる映画を見た訳ですが、
まぁ何というか、普通のサスペンス系シナリオって感じでしたね。

謎を追いかける仮定は若干好奇心に疼かれますが、
スペックの高いサスペンスシナリオに慣れてると普通に思える。

シナリオの雰囲気としてはC・M・Bの4巻に収録されている
「ユダヤの財宝」と同じ匂いを感じました。

また熱中できる面白いゲームやりたいんですけど
何かいいのありますかね?
マヴラブがイイ感じのような噂を耳にしているので、
現在一番興味あるタイトルだったりします。

そして、この花粉症の案内は心に響きます。



CLANNADのアニメ 2007年3月18日(日)12時26分
分類:テレビ [この記事のURL]

今更ながらぼしのーとさんの「なのはと愉快な変態たち」にハマる。
全編カラーで、ほのぼのした絵柄が妙にツボに入った。

閑話休題。
CLANNADのアニメに関して、劇場版TVアニメが発表された訳ですが、
両方楽しみにしてます、、

Airは劇場版の方が好きでした。
世間一般ではTV版の方が圧倒的に支持率高いみたいですけどね。

私の場合どちらかというとビジュアル要素より音楽要素を重視する傾向で、
そうなると劇場版の方が完成度が高かったと言わざるを得ない訳で。

ビジュアル重視するとTV版の方が高いですけど、
やっぱり音楽の方に惹かれる。

Airには「鳥の詩」と「青空」という屈指の名曲があり
この名曲を如何にして演出と融合させて盛り上げるか。

そこに期待は膨らむ訳で特に最後のキラーイベント、
観鈴の「ゴール」イベントで「青空」が流れる瞬間が
楽しみで仕方なかった。

TVアニメ版は「青空」が流れなかった(と記憶している)為、
あまり印象には残らなかったという感じ。

そして今回のCLANNADは、どうなるのか?
と言ってもCLANNADは、Airほど強烈なキラーソングはない
(というか頭の中に曲のイメージすら残ってない)ので、
どちらかと言えばビジュアル面が前面に押し出される気がする。

そうすると、もう現時点で、TVアニメ版の方に軍配が上がる予感。
果たして今回の音楽演出はどうなるのでしょうか。

そう言えば、リメイク版のKanonはどうなんでしょうね?(←見てない
To Heart Remember〜のように完全オリジナルシナリオなら、
見たいような気がするけど多分原作再現系ですよね?

そして、To Heart Remember〜は全話キラーソング(主題歌ですが)を
組み込む展開に持って行く姿勢に惚れた作品でもある。



やはり、あの方が最凶だったってことで。 2007年3月18日(日)20時42分
分類:ゲーム [この記事のURL]

ibisさんの所で「終ノ刻印」人気投票の結果が発表されました。
あの方が見事1位に輝いてます、流石の貫禄です。
これであの方の新シナリオを作るしかなくなりましたね。(壮絶な勘違い

それはさておき、パソコンのゲームで、
演出強化パッチなるものを配布してるゲームありますよね。
これある意味、凄く興味ある。

最初の頃は試行錯誤しながらスクリプト組んでる為、
まだまだ演出が甘かったりしますが、
慣れてくると大体演出方法は決まってくる訳で、
Ever17 COI の場合、APPEND の SELECT3 で
ほぼスクリプトの組み方は決まった感じ。

また作り出したら進化するかもしれませんけど。
戦闘系演出はともかくとして日常系の演出パターンは、ほぼ確定してますね。

これに合わせて全編作り直したら、結構アレな感じですが勿論やりません。
今後の活動に支障が出るというか時間を無駄には出来ないので。



英雄伝説 空の軌跡 最新作 2007年3月23日(金)20時47分
分類:小ネタ [この記事のURL]

■英雄伝説 空の軌跡 the 3rd 発表キター─ッ(・∀・)※PDF直リンク
空の軌跡シリーズ新章とのこと、楽しみですねー
2007年 6月28日発売、って、めちゃ早っ( ̄□ ̄;)
(しろがねみかぜさん情報ありがとうございました)

■CircleMebiusさん、最新作「月下之煌(げっかのきらめき)」情報公開
サークル初のボイス対応作品ってことで楽しみですね。
ジャンルは「ドラマティックノベル」
同人では珍しい中華系の作品になるようです。

>これはほんと私も読んでいて時間を忘れるほどにのめり込んでます(笑
(3/21日記より)
とのことで、読ませるシナリオを意識してるようで期待が膨らみます。

■ぐにゃぐにゃ
微妙にハマる、、毎度のことながら良く色々なミニゲーム(?)思いつくなぁ

■「mixi読み逃げ」ってダメなの?
mixi 1回しかログインしたことないんですけど、これはマジですか?
そりゃ感想あった方が嬉しいと思いますけど、
書いてくれないからと言って怒るのは何か絶対違うと思う。



アニメ〜 2007年3月25日(日)12時08分
分類:テレビ [この記事のURL]

4月から新しいアニメが色々始まりますね。
リリカルなのはStrikerSも楽しみな作品の一つですが、
実はもう1つ期待してる作品があります。

それが「この青空に約束を」
元々はWindows用のゲームな作品な訳ですが、
全体的に感動系のシナリオに仕上がっており、
ゲーム内でのキラーサウンドの存在が非常に良かった。
関連〆:PS2版〜この青空に約束を

特にメインヒロインである羽山海己シナリオにおけるクライマックスシーンは
ヴォーカル曲との相乗効果抜群で感動のあまり涙が零れます。

つまり、このシーンがアニメではどうなるのか?
そこに魅力を感じるからこそアニメが見たいと、そういう訳です。

更に駆け出し系キラーサウンド「もつれそうなストライド」が
流れるシーンも、かなり楽しみ。

因みに「なのはStrikerS」はラストバトルの
ヴォーカル演出(2度あることは3度ありますよね?)が一番気になります。

■ATOKとIME、賢いのはどちら?の記事を読んで。
変換精度はハッキリいって大差ないのは解りきってます。
違うんです、求める箇所が全然違うんです。
差別化を図るのは当然機能面になってきます。

IME2007 で 予測変換機能 が実装(ATOKは既に実装済)されますが、
こうした機能の存在が使い勝手にダイレクトに響きます。

ATOK は 変換キーの割り当てが目的毎に割り振られてたり、
Ctrl+F7 で 単語登録が直ぐに出来たり、
変換確定前にCtrl+Delで登録削除が出来たり、
こうした細かい点も使い勝手の良さ、利便性の向上に繋がってます。

まぁそれは人それぞれな訳ですが、
それよりもIMEで一番気にくわない点は
WindowsXP以降、言語バーがタスクトレイに収納されなくなった点。
⇒こんな感じで。(作業領域のタスクにまで浸食するなよって感じ)
⇒ATOKはタスクトレイの中に収納されます。(一番右のアイコン)
かといって言語バー消すと、
今、日本語変換なのかアルファベット変換なのか解らない。

‥‥それにしてもIMEアンインストールしたにもかかわらず、
ツールバーに「言語バー」が残ってるのはWindowsの仕様?
てか、他にも色々あるけど、クイック起動と、デスクトップ以外は
何の意味があるんだ? チェック入れても何も変化しないんですが(´д`)



音楽サイト巡回 2007年3月26日(月)20時16分
分類:音楽 [この記事のURL]

Dolceさんで公開されている音楽の再現性がやたらと高い件。
何となく笹井隆司サンの音楽聞きたくなって
音楽サイトを探索して立ち寄ってみたサイトです。

「ルドラの秘宝」の音楽を公開してる音楽サイトでは、
「エストポリス伝記」の音楽も公開されてる可能性が結構ある。
こちらのサイトでもエストポリス伝記の音楽が公開されてまして、
その再現性の高さに驚きました。

基本的にアレンジ系の方が好きですが、
原曲重視も味があって良いというか懐かしくて涙が出てくる(ノД`)

ちょっと荒削り(こういうアレンジなのかな?)ですけど、
こちらで公開されてる天使の詩2のラストバトル曲も懐かしくて泣けてくる。
何気に通常戦闘のBGMも好きだったんですけど耳コピしてるサイト存在せず。
天使の詩2は、なるけみちこさんの曲ですが、フラッと見つけたもので。

あと笹井隆司さんで割と有名なミスティッククエストのラストバトル曲。
こちらのサイトで公開されてるのが、かなり再現性高いですね。
てか、公開されてる曲の殆どがバトル曲、すげぇーツボにくる。

締めくくりはイースオリジンで。
NASTY CHILDRENさん
大ボス戦の曲「SCARS OF THE DIVINE WING」の破壊力抜群。
そして打ち込みレベル高すぎ。

Verte Aile -Rebirth-さん
オープニング曲、最初のトランペット(?)でゾクゾクってきた。
オーケストラな雰囲気が素敵過ぎます。
メインメロ部のバック音源が強すぎる感じはしますけどね。

それにしてもファルコムのサウンドチーム(J.D.K)が作る音楽の質が
高いせいか耳コピ曲の質も自然と高くなるのか。
というより原曲の質が高けりゃある程度技術持った人でないと
耳コピできんわな。

てか、私的に大好きな曲「SCARLET TEMPEST(咎火の領域)」が
発見できなかったのは残念。
何かオリジナルがここで視聴できますね。
という訳で聞き比べが出来ますな。

以下突然ですが pya! 3連発。
■ママー!で、その鳥さんはどこにいるの?
■「ねぇ、昨日庭の水道使ったあと、どうした?」
■顔(その14)



くらすぺ2 2007年3月27日(火)21時13分
分類:ゲーム [この記事のURL]

ちんちらソフトハウスさんが「くらすぺ2」発表。
凄く欲すぃーっ 結局、前作は隠しステージがクリア出来ませんでしたが、
今作は初心者に優しい設計になってるようで頑張れそうです。

智代ファイター+ は発売延期。
理由が代表の無謀な仕様変更とのことで。
使えるキャラが24人になるようです。(開発日記より)
ちょっ、∑( ̄□ ̄;) 24人っ!?

inspireさん「愛することは生きていくこと」の追加シナリオ
「もうひとつの愛」+本編演出強化パッチマスターアップしたとのこと。
プレイ時間、3時間とおまけの追加パッチにしては豪華なボリューム。
本編の演出強化パッチも兼ねてるようで、お得感バッチリ。

演出がどう進化してるのか気になりますが、
流石に本編やり直す時間は取れない。
とりあえず追加シナリオやれば、演出基準が解るかな? と思ってる。


最近ぱるくすさんのサイトに飾ってあるフェイト絵が、
らぶりー過ぎて悶えているんですが、どうしたものでしょう?
そしてGalleryで公開されてるバトルフォームな、
なのは と フェイトが格好良すぎて痺れてしまいます。

ごめん、ADVゲームのイベントCG を連想して
勝手にバトル演出組んだら思わず顔がニヤけてもうた。

あと Ever17 のキャラ絵描いてる方のHPで沙羅を見かけました。
久しぶりに沙羅かいてみましたヨ。
とのことで、また違った雰囲気の沙羅が拝めて、ちょっと幸せ。



サスペンス系漫画 2007年3月29日(木)23時0分
分類:雑ネタ [この記事のURL]

今週号のマガジンで新連載された漫画「BLOODY MONDAY」のシナリオが
かなり自分好みっていうか、バリバリのサスペンス系シナリオです。
細菌兵器、天才ハッカー、サイバーテロ、アウトブレイク、ジェノサイド‥‥

って、何この好奇心を沸き立てるキーワードの乱立は?!
第一話を見た限り、ウィルスを巡るテロリストと天才ハッカーの物語な感じ。
とりあえず今後の展開が楽しみ。


最近、さくらサーバのサブドメインに「dojin.com」があるのを知った。
このサブドメインを使えば、
専用ゲームの公式ページ風美な感じが楽しめると思った。
例えば、Ever17 COI 公式ページとか?
http://ever17.dojin.com/ そのうち(多分数時間以内)見れるようになる。

因みに、mai サブドメインも適当に作ってたりする。
http://mai.silk.to/
まぁこれは捨てメール使う為に作ったんですけどね。

ただし、http://mai.silk.to/abc とか存在しないURL指定すると、
メインで設定してある .htaccess の設定で
http://vre.sakura.ne.jp/main/404.htm
に飛んでしまうので、このサブドメイン登録してるのは、
vre.sakura.ne.jp と同じ人だ、とバレてしまう。

という訳で http://mai.silk.to/ にも独自に.htaccess を設定した。
今はどのURLやっても、http://mai.silk.to/ に戻る。
これで、このサブドメインから vre.sakura.ne.jp に辿り着くのを防げる

勿論、ここでバラしてるので、気が向いたら、
サブドメイン変更して作り直します。(多分やらないでしょうが)


nik5.144