.................................................
<< 17年06月 >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


最近の雑記

最近のコメント
05/17 千葉県民
03/18 null
11/11 null
11/11 千葉県民S
10/21 null
.............................
何となくリンク
.............................

2017年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
2016年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2010年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2009年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2008年
01月 02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月
2007年
02月 03月
04月 05月 06月
07月 08月 09月
10月 11月 12月

イース8 PS4 2017年6月16日(金)22時33分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

イース8(PS4)クリア。
ナンバリングタイトル最新作、VITAで先行発売してたが漸くPS4版が発売。
当然のことながら追加要素もあり、断然お得な内容となっている。
ゲームとしては前作(ナンバリングタイトルでは内が)セルセタの樹海と同じノリ。

パーティ切り替えて攻撃種類による弱点などをついて敵を蹴散らす。
マップを闊歩して冒険していくというシステムはまんま。
ワールドマップで色々な町で情報を聞きながら冒険を進めるタイプではない。

舞台となるのは永遠に呪われた島として、
生きて帰ってきたものがいないと言われてる「セイレン島」
航海していたところ、巨大生物の襲撃により辿り着いた無人島。
そこは過去に絶滅されたと言われてる古代種が跋扈していた。
果たして無事に島から辿り着けるのか。

そして時々見る夢の中に登場する人物。
そこに広がるのは別世界だが、徐々に繋がっていく。
そしてお互い視点が交わる時、物語は加速度的に進行する。
この瞬間、震えましたね。

無人島なので新しい街で情報収集といった楽しみはないが、
拠点を広げてどんどん人が増えていくことでカバー。
広大な未開の地を舞台に闊歩して色々な場所を巡るのはなかなか楽しい。

巨大な建造物や、断崖絶壁の山頂、ジャングル、遺跡など、
冒険心を擽られる舞台が整っている。
新しいマップを冒険する度にワクワクします。冒険してるって感じがします。

レベル上げは不要でサクサク進む。
とは言え、敵の攻撃力が高めの印象があり、
ごり押しだとあっと言う間に瀕死になります。

タイミング良くボタン押すことで、相手の攻撃無効化できるアクションがあるため、
それらを駆使するのがまた楽しい。勿論普通にプレイしてても問題なく進める。
ボス戦は回復アイテムの制限がないため、正直アイテムさえあれば簡単。

そして何より、音楽が素晴らしい出来映え。期待を裏切らない。
特にラスボスと、PS4版で追加されたダンジョンに登場する追加ボスの音楽は神掛かっている。

この曲を聴く為に買う価値があると言っても過言ではない。
プレイ時間も今までのイースシリーズとは違い60時間程度と長い。
何やかんやでアクションも楽しいし、ストーリーも後半から俄然盛り上がってくる。
買って損はないでしょう。



雪煙チェイス 2017年5月28日(日)11時38分
分類:小説 [この記事のURL]

雪煙チェイス(東野圭吾)読了。
都内で起きた殺人事件の容疑者として、一人の大学生 竜実が捜査線上に浮かび上がる。
このまま何もしなければ竜実は無実の罪として殺人犯となってしまう。
そこで取った行動とは、唯一無実を証明できるアリバイ証人を自分の力で見つけ出すこと。

前日にスキー場で出会った美人スノーボーダーを探す為の逃走劇が始まる。
果たしてアリバイ証人となる美人スノーボーダーを見つけ出し無実を勝ち取ることが出来るのか?

内容としては探偵役として犯人を追いかけるものではなく
容疑者として逃走してる側を主人公にしている点で推理小説ではない。
追ってから逃げながら、人捜しをする内容がメインで、犯人捜しはないに等しいです。
一応、ちゃんと事件は完結してます。

濃厚なストーリーを楽しみたい人には物足りないでしょうが、
読みやすい内容でスラスラ物語が入っていくのが良いです。

見当違いのことを命令する堅物な上司の言動にやきもきしながら
最後にスカッと逆転劇を見せる展開ではありますが、そうした演出は物足りなかったですね。

お手軽に読める内容としては楽しめました。



ペルソナ5 2017年5月27日(土)20時14分
分類:ゲーム感想 [この記事のURL]

ペルソナ5(PS4)クリア。
2017/05/04 中古 5400円で買いました。
クリア時間は100時間ちょっと。相当長かったです。

世間の評価はとにかく高く、やってみて納得しました。
確かに面白いです。ストーリーもグイグイ引き込まれる展開で、
この先、どうなるんだ? 結末はどうなるんだ? と本当にワクワクします。

合間合間の仲間との絆上げはストーリーとは無関係なため、
退屈な展開になりがちですが、そこは戦闘の優位性と直結するので
絆を上げるのが逆に楽しくなります。

ただし色々システムに不満はありました。
会話のテンポや、戦闘のリザルトとか、いちいち遅い。
早送りモードありますが、それでも遅いです。
普通のADVゲームのスキップとかに馴れてる人にとっては有り得ない遅さでしょう。

戦闘に早送りモードあるのは助かりました。
お陰様でかなりサクサク終わります。
が、オプションボタンに配置されてるのが良く無かったですね。
非常に良く使うのに、押しづらい。

効果音と、音楽、台詞の音量バランス調整も出来ず、マスター音量一括のみ。
会話進める時の効果音、イチイチ鳴るのも気になるし、色々納得できない部分はありました。

またゲーム全体が期限クエストなので、時間掛けてレベル上げまくるとか、
そういう楽しみ方は出来ません。
とは言え敵とのレベル差で経験値の獲得量が変わるので、
レベル上げ作業は正直不要です。
寧ろ資金不足に陥ります。逆に言うとお金さえあれば相当色々できます。

ストーリーは最後のトリックや、逆転劇は気持ちよかったですが、
ちょっと盛り上がりに欠けた印象は否めませんでした。
もっとこうスカッと綺麗に鬱憤晴らしたかったなーと。

それでもどんでん返しみたいな展開が熱かったので十分楽しめました。
値段相応の価値は十分ありました。


nik5.144